地域活性にあこがれている学生に、地域活性はできない。

事業内容

事業内容は、日本全国の地域活性化です。

私たちは、地域のあらゆる情報を収集・発信するプラットフォームとして地域情報サイト『まいぷれ』を運営しています。しかしそれは、事業の全体像をあらわすものではなく、地域活性のための手段の一つでしかありません。「まいぷれ上で地域情報を発信すること」、「まいぷれを運営する中で培ったノウハウを活かし様々な地域課題を解決すること」、「そのスキームを日本全国に横展開すること」、そして、それら複合的なビジネスの結果として「日本中の地域を盛り上げていくこと」。それが、私たちのフューチャーリンクネットワークの事業内容です。

01エリアマーケティング事業

ほんの数人でもいい。
その街の情報を求める人がいる限り。

私たちが運営するのは、地域情報のプラットフォーム『まいぷれ』。全国各地の専門スタッフが、その地域独自のお店やイベント、サークルなどのユニークな情報を収集し、地域に暮らす人々へ発信しています。数多く存在するグルメサイトやショッピングサイトと違い、料金や割引クーポンを前面に訴求するのではなく、もともと持っている独自のこだわりや文化をそのまま伝えることで、その地域や店舗のファンを増やそうという独自の試みに挑んでいるのです。その手法は、ウェブサイトに限りません。リアルイベントへの参加や店舗型の情報発信拠点の設立など、情報の出口を増やすことも私たちの大切なミッションの一つ。私たちは、「得だから」ではなく「好きだから」選ばれる地域の情報を発信しつづけます。

エリアマーケティング事業サービス概要図

事例紹介を見る

02コミュニティ・
ソリューション事業

1718の市町村が抱える、膨大な課題に向き合う。

『まいぷれ』は、ただの情報発信ツールではありません。様々なアイデアと組み合わせることで、地域が抱える膨大な課題解決のツールにもなります。防災・防犯など安心・安全に関する情報を配信したり、地域共通ポイントである『まいぷれポイント』の仕組みを利用して、イベントや地域コミュニティへの参加を促したり、現地の生情報を収集・編集・発信する仕組みを利用して、地域のファンづくりにつながるふるさと納税業務を支援したり、InstagramやTwitterと連携した官民協働の地域情報サイトを製作したり。一つひとつの街に深く入り込み、その街の課題や魅力に正面から向き合う私たちだからできる街づくりがあります。

コミュニティ・ソリューション事業サービス概要図

事例紹介を見る

03運営パートナー事業

地元を元気にしたい日本中の企業が、立候補してくれる。

地域の魅力や課題をいちばんよく知っているのは、その地域に住む方々です。北は北海道から南は沖縄まで、日本全国の地域活性を実現するためには、全国の企業とのパートナーシップが、必要不可欠。私たちは、「地元を元気にしたい」という志を持つ日本中の企業に対して、『まいぷれ』のシステムと、それを活用した地域情報プラットフォームの構築ノウハウを提供。その対価として、システム利用料やサポート料を含んだ加盟金やロイヤリティをいただいています。私たちの社名にある「ネットワーク」という言葉は、日本中の企業と力を合わせて、地域を盛り上げるネットワークを構築しようという、創業から変わらない想いのあらわれでもあるのです。

運営パートナー事業サービス概要図

事例紹介を見る

ENTRY